ずーかーの悠々自適

ペルー一人旅、スペイン留学を通して 自分が楽しんで自分に+になるように生きよう! そしてそれが誰かの+になればいいなと考えて始めた 「ずーかー」による日々の出来事発信ブログ。。。 基本的には日々の生活の記録。 こんなこともあったなぁと見返すための日記帳。 時たま、美味しいお店や料理、お酒、お洒落、本、漫画、観光地etc... 自分が、好きだ!皆にも知ってほしい!! と思ったものをのんびりと発信していく日記帳です! 優しく見守っていってください。

第158回芥川賞受賞!!リアルなのか幻想なのか





こんばんちゃ!
ずーかーです!


発表されて早一か月!
一年が過ぎるのもあっという間に感じる今日この頃

2018/01/16に2018年の芥川賞が発表されました。


上記を茶色にしましたが
個人的なイメージカラーがあって

芥川賞直木賞

って感じ。


まぁ、それは置いておいて、
今回受賞した作品はこちら

 

 百年泥
(石井遊佳)(新潮社)
あらすじ

私はチェンナイ生活三か月半にして、百年に一度の洪水に遭遇した。橋の下に逆巻く川の流れの泥から百年の記憶が蘇る! かつて綴られなかった手紙、眺められなかった風景、聴かれなかった歌。話されなかったことば、濡れなかった雨、ふれられなかった唇が、百年泥だ。流れゆくのは――あったかもしれない人生、群れみだれる人びと……。

新潮社公式サイト





小説を読んでいると
その情景が目の前に浮かんできて、色が付き、音がして、香りが漂ってくる。

ちょっと妄想癖な自分にとってはその世界観に浸れれば浸れるほど
その小説がどんどん好きになっていきます。


今作、百年泥では
その中の香り、匂いという点を
凄く自分の中に訴えてきた作品という印象です。


題名にもある「
洪水で溢れた川の匂い
これが文章を読んでるだけで体の中に入ってくる感じが
忘れられません。



ただ、世界観という点では
少し没頭しづらく、何度か戻って読み返したりした場面もありました。


これは自分の読解力の問題もあるとは思いますが

今は、誰のどの時間軸の話やっけ??
という点が時たまありました。



リアルなのか幻想なのか
現代なのか、近未来なのか戸惑う点も...


ここは皆さまご自身で読んで感じてみてください。


この部分に関しては
二回読んだら結構すっきりまとまると思います。

1ページごとの文字数も少なく
ページ数も少ないので、気軽にすぐ読めるて二回読むのも簡単です。


是非まずは手に取ってみてください


五感を刺激してくれる文章で
どこか懐かしい香りがすると思います。





では、今日はこの辺で
アディオス!!


   





拍手[0回]

コメント

プロフィール

HN:
ずーかー
年齢:
24
性別:
男性
誕生日:
1993/09/07
職業:
自由人
趣味:
フラメンコ、漫画集め、美味しいもの探し、水泳、お酒
自己紹介:
悠々自適に過ごす自由人
自分が好きなものをドンドン紹介!!

「ずーかーの悠々自適」はamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、 Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

カレンダー

06 2018/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

ブログ内検索

忍者カウンター